治療症例集|菊川駅前歯科|菊川駅すぐ。土曜・日曜も診療

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

03-6659-2934

  • メール相談
  • WEB予約
診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

※土曜:午後 15:00〜18:00/日曜:午前09:00〜14:00 ※休診日:祝日

キービジュアル

スポーツ用マウスピースで最高のパフォーマンスを

2018年09月6日

スポーツ用マウスピースをご希望されて、力士の方がいらっしゃいました。

現在はボクシングだけでなく、試合のパフォーマンスを上げる効果と歯を守るためプロ、アマ問わず色々なスポーツでのマウスピース装着の効果が広まりつつあります。

その為、スポーツ用品店や通信販売などで既品のマウスピースを容易に入手することができるようになっています。

しかし、既成品のマウスピースは安価な代わりに個人のお口の中の状態に100%合わせて作ることができない為、歯を守るどころか歯並びを悪くしてしまったり、口の中を切るなど危険なトラブルが少なくありません。また、違和感が大きい為、試合のパフォーマンスが下がる事もあります。

そういった背景からマウスピースは歯科医院での作製をお勧めしております。

歯科で製作するマウスピースは患者様のお口の中の型をとり製作される為、スポーツの種類、ご要望、装着感、お口の中の状況に合わせてオーダーメイドで製作することができます。

この患者さまも激しい稽古による歯の移動や金属の摩滅、天然歯の磨耗が見られます。

ご本人も歯がどんどん悪くなる事の不安を感じていらしゃいました。

唇の当たる感じを少なくしたい、嘔吐感をなくしたい、外れにくくしたいなど、これまでのマウスピースの使用感や希望をお聞きし、マウスピースの形を決めていきます。

そして、違和感の少ないマウスピースを装着する事で安心して試合や稽古を行うことができます。

たった、数日間の使用での既にすり減りが見られます。

マウスピースを装着していなければ、代わりに自分の歯が削れていると思うと非常に心配です。このような不安を抱えずに最高のパフォーマンスをしていだだく為、既成品ではなく歯科医院で作るオーダーメイドのスポーツ用マウスピースをお勧めいたします。

削らず、1日でスマイルの印象を改善 

2018年07月14日

前歯の隙間が気になるとご相談を受けました。

削らず、短期間で終わるダイレクトボンディング をお勧めさせていただきました。

 

術前

 

シュミレーションワックスアップ

術中

 

歯肉から上がってくる浸出液、血液、呼吸を行うことで出る湿気、これらは歯にレジンを接着する上で大敵です。ラバーダム防湿はお口の中から歯のみを孤立させることにより、接着阻害因子を取り除くことで長期にレジンを歯に接着することの出来る唯一の手段です。これを行うか行わないかでダイレクトボンディングの成功、不成功が分かれます。

 

 

歯についている汚れもレジンの接着には大敵です。プラークチェッカーを使用しエアフローにて歯の汚れを取り残しなく取り除きます。

 

 

シュミレーション石膏から製作したコアを使用し歯の裏側から製作してきます。    

 

 

 

色々な角度から違和感が出ないよう築盛を行なっていきます。

術後

 

 

 

 

 Before

 

 

after

 

 

歯の隙間を埋めることのより、大人っぽいスマイルの印象になりました。

治療内容 ダイレクトボンディング

診療予約はこちらから

電話でのご予約は 03-6659-2934

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

歯の神経を残す治療   歯髄温存療法 

2018年07月2日

 

他院にて神経を取らないといけないぐらい虫歯が深いと言われ、ご本人はなんとしてでも歯の神経を残したいということで来院されました。


一見なんともないように見えますが、レントゲンを撮ると中で虫歯が広がっており、歯の神経まで達していました。
幸い、症状も余りなかったのでMTAセメントによる歯髄温存療法を勧めさせていただきました。

ラバーダム防湿を行い虫歯を丁寧に取っていきます。

完全に歯の神経が露出し出血しています。

止血を確認したら神経を保護するお薬を置きます。

硬化確認後、問題がなかったので詰め物を行います。

Before

after

 

 

この症例の治療内容 歯髄温存療法 ダイレクトボンディング

診療予約はこちらから

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

前歯の見た目改善

2018年07月1日

前歯の見た目を改善したいとのご相談でした。

1番目の歯はダイレクトボンディング にて、2番目の歯は噛み合わせと強度の関係でセラミッククラウンでの治療をご提案させていただきました。

十分なシュミレーションを行い最終的なバランスの診査を行います。

最終的な被せのの大きさに調整した仮歯を2番目の歯に装着します。

 

 

仮歯に合わせて1番目の歯のダイレクトボンディング を行います。

ダイレクトボンディング後、型取りを行いセラミッククラウンを製作します。

元々の歯が小さいため表面を一層磨く程度で被せ物が可能です

見た目の改善ができました。

Before

after

この症例の治療内容 セラミッククラウン ダイレクトボンディング

 

 

診療予約はこちらから

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

被せ物の選択

2018年06月29日

やもえず、歯の神経を取った後、殆どの場合、被せ物の選択を迫られます。

「保険適応ですと銀歯です」

「白くしたいなら自費診療です」

大なり小なり、このような説明を受けるかと思います。頻繁に歯科治療を受けられている方は「またか、、、」と思われているのではないでしょうか?歯を白くする事に関心のない方は治療費の安い銀歯でとなります。当たり前の話ですね。

 

ではなぜ、歯科医院では毎回必ずこの選択を迫られるのでしょうか?

この言葉の裏には有らぬ誤解を生む為、伝えにくい下記のような文言が隠れています。

・「歯の形をしたものを入れるまでが保険適応内です」

・「歯の形態を模したものを装着して機能回復を行い、細菌の感染を予防し、健康な状態を維持する場合は自由診療になります」

 

保険診療は歯の形をしたものを入れることを保証していますが、そこに予防に対する概念はありません。なぜなら、国の医療費財源の理由から審美と予防は保険適応でないからです。国は医科・歯科共に予防と健康維持は個人の責任としています。

しかし、神経を取るに至った原因、虫歯になった原因は歯垢が元となった細菌感染です。

この細菌感染に対する予防対策を行わなければ、再び歯のトラブルが起きるのは理解に難しくないかと思われます。

歯垢の付きにくさ、審美回復が主な特徴のセラミッククラウン

噛み合わせの回復維持が主な特徴のゴールドクラウン

義歯とのコンビネーションや、複雑な噛み合わせ、審美など複合的な状況に対応する陶材焼付鋳造冠

お口の状態により適応となる材料の違いはありますが、自由診療にて被せ物を被せる場合、次のような再感染を防ぐ処置が共通して行われています。

①接着力を落とさないよう土台を立てて再感染を防ぐ

 

②精密な適合のよい型取りを行い再感染を防ぐ

 

③強度の高く、経年劣化の少ない接着材にて装着し再感染を防ぐ

 

このような細菌レベルの細かいことは、皆様にすぐに理解して頂くのがなかなか難しです。なので、被せる材質の違いが一番わかりやすく、伝わりやすいので主なお話とさせていただくのが現状です。

確かに、保険の銀歯の強度は十分で壊れにくいです、条件が合えば欠点はありますが保険で白い被せ物もできます。しかし、そこには感染予防という概念がすっぽり抜け落ちている事、それは直ちに影響はありませんが、とても大きな違いであるという事をご理解頂けると幸いです。

 

診療予約はこちらから

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

歯科ドックのご案内

2018年06月28日

当院では自覚症状のない体の異常を見つける人間ドックと同じように、自覚症状のない歯の異常を見つける歯科ドックを行なっております。

保険適応の検査は「痛い」「腫れた」「取れた」などの起こってしまった疾病に対する検査しか項目はありません。

歯科ドックでは保険による検査で行うことができない「将来起こりうる疾病の予防」「自覚症状のない細菌感染、噛み合わせ」に対する検査を行います。

 

①保険適応の検査項目

●パノラマレントゲン1枚

お口の中の全体的なレントゲンになります。親知らずや大きく進行してしまっている歯周病、虫歯の大まかな評価を行います。

●歯周病基本検査(28箇所)

1歯につき1箇所の歯周病の進行具合の把握を行います。

●口腔内写真 5枚

お口の中を記録します。

●虫歯検査(視診・パノラマ)

お口の中を観察し虫歯の有無を判定します。

・保険適応の検査項目は症状により変更されます。

 

②歯科ドック検査項目

●精密レントゲン(12枚〜)

1歯づつの虫歯、歯髄、骨の溶けている具合、詰め物の適合の評価などが可能になります。

●歯周病精密検査(168箇所)

1歯につき6箇所ずつの歯周病の評価を行います。

●口腔内写真(11枚~)

お口の記録を細かくすることにより、磨き残し、噛み合わせ、歯並び、見た目、虫歯などの評価が可能になります。

●虫歯検査(視診・精密レントゲン)

精密レントゲンにより虫歯の検出率が上がります。

●口臭検査

口臭判定機器により口臭の評価を行います。

●模型検査

歯ぎしりや歯並びなどの検査を行います。

●噛み合わせ検査

現在の噛み合わせを記録し、将来起こるであろう問題点の検査を行います。

●顎関節検査

顎関節の触診とレントゲンにて検査を行います。

●審美検査

前歯の軸、見え方、色、唇、顔貌との関係を評価します。

●CT検査(必要に応じて)

3次元的に評価が必要なものに関してはCT撮影を行います。

●歯科ドック発行物(検査結果・治療計画書)

・資料採得、資料説明に2回来院していただき、必要があればその後、治療開始となります

 

このように保険適応では賄えない予防的検査を行うことで早期発見・早期治療を行い、お口の中を健康に保つことができます。人間ドックのように毎年ではなくて良いので、数年に一度は歯科ドックもご検討ください。

診療予約はこちらから

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

毎日お口に入れるものは美しく、快適に

2018年06月22日

入れ歯には『プラスチックで製作される保険の入れ歯』と『金属によって製作される自由診療の義歯』の2種類があります。

これらは全く別物です。

2つの写真、歯の無い所は同じですが、写真だけでもプラスチックの入れ歯と金属床義歯の丈夫さ、快適さ、美しさの違いが伝わるかと思います。

 

 

 

「保険のプラスチックの入れ歯の特徴」

プラスチックの入れ歯は歯茎や顎の関節を治療する短期間の使用に向いていますが、強度と設計の限界があるため長期使用には向いていません。

利点

・治療費が安価

・完成までの治療回数が少ない(約4回程度)

欠点

・プラスチックがたわみ、残っている歯に負担をかける

・匂い、汚れがつきやすい

・歯との隙間が大きく、物が詰まりやすい

・口の中で安定しない

・強度を確保するため分厚くなる(それでも壊れる)

 

 

「自由診療の金属床義歯の特徴」

金属義歯は強度があり、理想的な設計が可能なため長期に快適に使って頂けるものになります。

利点

・強度を確保した上で薄く製作でき装着感がよい

・歯を取り囲む部分は適合の良い金属になるため食物が入りづらい

・強度のある型取り材を使用するため、複雑な設計が可能

欠点

・完成までに回数がかかる(約7回程度)

 

 

「金属床義歯、製作の流れ」

①設計

義歯構造設計士が義歯の厚みや、残っている歯にかかる力を計算し、使用者に負担の無い義歯を設計します。

義歯構造設計士による設計は当院の金属床義歯の最大の特徴になります。

 

②型取り

個人のお口の中に合わせた専用トレーを使用するため型取りの精度が高いです。

また、強度のある型取り材を使用するので理想的な設計が可能になります。

 

③フレーム製作

お口の中に入れても違和感のない金属のフレームを製作

④試適

残っている歯にフィットしているか確認します。

⑤完成

調整を行い、使い心地のよい義歯の完成になります

 

当院では顎やお体の条件が良い、義歯と併用しさらなる安定を目指す場合はインプラントをお勧めしておりますが、歯の欠損に対しては基本的には義歯治療をまず初めにご提案させて頂いております。

インプラントの場合、また歯を失ってしまうと追加で手術を行いインプラントを入れなければなりません。しかし、入れ歯の場合は歯を失っても義歯をお預かりし、修理を行う事でまた、使って頂くことが可能な場合が殆どです。

金属床義歯は初期コストが少しかかりますが、1日中お口に入れて快適に長年使っていただける事を考えると非常にコストパフォーマンスに優れた歯の欠損に対する治療法になります。

 

診療予約はこちらから

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

動画配信のお知らせ

2018年06月18日

YouTubeチャンネルを開設しました。

今後、院内紹介、症例解説等配信していく予定です。

 

 

 

診療予約はこちらから

電話でのご予約は 03-6659-2934

Webでのご予約は  24時間ウェブ予約受付中

定休日 水曜 (学会出席等で変更になる場合がございます。)

平日      9時〜19時まで

土曜日     9時〜18時まで
日曜      9時〜14時まで

〒130-0024   東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

都営新宿線 菊川駅 A1出口すぐ

治療は院長の小林弘明が全て行います。

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

歯の神経を残し、適合の良い被せ物で虫歯の再発を予防する治療 

2018年04月19日

歯の神経を残せないかというご相談にて来院されました。見た目上は問題ないように見えましたがレントゲンを撮ると、歯の奥の方からえぐれた様に虫歯になっていました。

噛み合わせが悪かったり、斜めに生えている親知らずを長年放置するとこのような虫歯を作る事があります。

今回は虫歯を取り歯の神経を医療用セメントにて塞ぐ治療をご案内させていただきました。

 

虫歯を取っていくと、術前レントゲンの通り歯の神経が露出してきました。

虫歯を取りきった後、MTAセメントを充填します。

 

今回は歯質の残存量を考慮し、型取りにて詰め物を作ります(間接修復法)

適合、噛み合わせを考慮し、ゴールドにて修復を行いました。

ゴールド(金歯)を使うメリットはこちらから

 

治療内容 歯髄温存療法 ゴールドアンレー

 

 

診療予約はこちらから

電話でのご予約は 03-6659-2934

Webでのご予約は  24時間ウェブ予約受付中

定休日 水曜 (学会出席等で変更になる場合がございます。)

平日      9時〜19時まで

土曜日     9時〜18時まで
日曜      9時〜14時まで

〒130-0024   東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

都営新宿線 菊川駅 A1出口すぐ

治療は院長の小林弘明が全て行います。

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

 

部分入れ歯の役割

2018年04月19日

数本奥歯が無くても食物を噛み砕いて食べることは可能です。
しかし、食べるという行為は噛み砕くだけでなく、砕いたものを唾液と混ぜひと塊りにし(食塊形成)、飲み込み(嚥下)、胃に送り、栄養として体に吸収させる一連の動作です。

奥歯が無い場合、粉砕した食物をせき止めるものがない為、歯がない箇所の頬に流れ込み、食塊形成に時間がかかり不十分になります、そのため飲み込みづらく、反対の歯で長い時間噛んでいるという事が起こります。そして、残っている歯に負担がかかり、それでも食塊形成が不十分なため誤嚥の原因になります。
また、噛み合わせが左右非対称になっているため、顎関節の変形、顔貌の変形が徐々に起こり始めます。

確かに、部分入れ歯は手入れや装着が煩わしかったり、ご自分の健全な歯に比べると食物を砕く力はありません。

しかし、部分入れ歯は装着することにより舌、頬の界を分断し、噛み砕いたものが頬に流れ込むことなくスムーズに舌の上に送り、塊を作り、滑らかに嚥下を行い、体内に栄養が吸収されやすいように胃に送るという重要な役割があります。

食物をきちんと、咀嚼し嚥下を行うことで、残っている歯の負担の軽減、誤嚥性肺炎の防止、顔の変形の防止ができます。

このように部分入れ歯は健康に長生きをする為の装置という役割があります。

 

診療予約はこちらから

電話でのご予約は 03-6659-2934

Webでのご予約は  24時間ウェブ予約受付中

定休日 水曜 (学会出席等で変更になる場合がございます。)

平日      9時〜19時まで

土曜日     9時〜18時まで
日曜      9時〜14時まで

〒130-0024   東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

都営新宿線 菊川駅 A1出口すぐ

治療は院長の小林弘明が全て行います。

菊川駅前歯科のホームページはこちらから

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • web予約
電話での問い合わせ

03-6659-2934

医院の住所

〒130-0024
東京都墨田区菊川2-6-14 マーベラス菊川1F

診療時間
9:00 ~ 13:30/
15:00 ~ 19:00//

このページの先頭に戻る